遺産分割協議書の書き方

相続人が何人もいるような場合には、遺産分割協議をする必要があります。
遺産分割協議をする事により、相続人が納得できる遺産を手に入れることができるのです。
遺産分割協議は、相続人全員で行わなければなりません。
相続人が揃っていないような場合は遺産分割協議にならず、有効ではありません。

相続人全員が揃って遺産分割協議を行い、全員の合意を得ることができたならばそのように配分されることになります。
遺産分割協議で全員の合意が得られないような場合には、家庭裁判所で遺産分割していくことになります。
あまり長引いてしまうとトラブルにもなってしまいますし、お互いを憎しみあってしまうことにもなるのでスムーズに遺産分割協議をしていく必要があるのではないでしょうか。
専門的な知識があることにより、スムーズに遺産分割協議を進めていくこともできるでしょう。

遺産分割協議をするのであれば、遺産分割協議書を作成していく必要があります。
遺産分割協議書はどのように作成すれば良いのでしょうか。
遺産分割協議書は、相続人全員で作成することになります。

どのように書かなければならないかなどを決められているわけではありませんが、どのように財産分割されたか名義書換機関に伝わるように作成しなければなりません。
全ての書類に実印を押す必要もありますし、数枚作ることになるでしょう。
遺産分割協議書作成には決められた期限がなく、ゆっくりと作っていくことも可能です。

しかし、相続税を申告しなければならないような場合は、10ヶ月以内に作成しなければならないと決められているので、相続税があるような場合は急いで作成するようにしましょう。
遺産相続は遺言書があったような場合でも、遺産分割協議の方が重要視されています。
遺産分割協議で相続人全員の考えが一致した場合は、遺言書と内容が違っても遺産分割協議の方が有効となり、そちらで決められた割合で遺産が分割されることになります。

Copyright (C) 財産を受け継ぐ方法 All Rights Reserved.