お嫁さんを相続人にするには

嫁にきた人はその家の人間になるのですが、相続人にはなれません。
嫁にきたのだから相続人になれると思っていると大間違いなので、注意しておく必要があります。
どれだけ義理の両親と仲良くしていて本当の親子関係をきづけていたとしても、血の繋がりはありません。
血の繋がりがないので、相続人にはなれないのです。

どれだけ義理の両親の世話をお嫁さんがしていたとしても、相続人になることはなく義理の両親の世話を一切していないような親戚が相続人になってしまうのです。
それはお嫁さんにしても辛いことですし、義理の両親にしても申しわけないと感じてしまうことなのではないでしょうか。
義理の親の立場で、お嫁さんを相続人にしてあげたいと考えているような場合には、あらかじめそれに向けて対処しておく必要があるでしょう。
ある方法を使うことにより、お嫁さんでも相続人にしてあげることは可能ですし、財産を残してあげられるのです。

どのようにすれば、お嫁さんを相続人にしてあげられるのでしょうか。
まず、一つの方法として養子縁組するという方法です。
そうすることにより、戸籍上本当の親子になれますよね。
戸籍上本当の親子になることで、相続人にしてあげられるのです。
お嫁さんに財産を残してあげたいと考えているのであれば、そのような形を取ってみてはどうでしょうか。

自分たちがいなくなってしまったあと、お嫁さんを守ってあげることができます。
養子縁組することで、お嫁さんにも財産を与えることができます。
お嫁さんにずっと世話になっているような場合は、そのようにしてお礼を返すのも良いのではないでしょうか。
このほか、生前贈与という方法もあります。

生前贈与することにより、お嫁さんに好きなように財産を渡すことができます。
生前贈与するような場合は、税金がかかってしまいます。
税金のことを考えるのであれば、遺産贈与のほうがお得でしょう。
遺言書にお嫁産の名前を書いておく、というのも一つの方法ですが、そのような手段をとることにより親族間でトラブルになってしまう可能性も高いです。

Copyright (C) 財産を受け継ぐ方法 All Rights Reserved.