遺言書が無い場合の相続の方法

相続を受け取るとき遺産トラブルになることがとても多いです。
今までどれだけ仲の良かった親戚でも、遺産トラブルですごくナカが悪くなってしまい憎しみあってしまうようなこともあるのです。
遺言書があれば、まだそのような争いを避けていくことができるかもしれません。
最近では、元気なうちから遺言書を書く人がすごく増えてきています。

やはり世間的に見る相続トラブルを回避するために、あらかじめ遺言書を作成しておかなければならないという意識を強く持つ人たちが増えてきているのだと考えられます。
しかしすべての人が遺言書を必ず作成しているというわけではありませんよね。
いきなり事故で、亡くなってしまうような場合だってあります。
遺言書がないような場合、相続はどうなってしまうのでしょうか。

遺言書がないような場合は、法律に基づいて相続手続きを行っていくことになります。
法律に基づいて、優先順位の高い人から相続を受け取ることになり、そして相続を相続人たちの間で分割していくことになります。
相続人全員が認めることにより、分割の割合は自由に決めていくことができます。
自由に決めることができるので、ここでトラブルの起きてしまうことも大変多いです。

やはり少しでも多く欲しいと思うのは当然ですよね。
それがトラブルになってしまって、お互いが憎しみあってしまうようなことにもなるのです。
相続人全員が同意したならば、相続の分割割合は自分たちで決めていくことができるので、相続の分割割合は法律で決められている通りの割合で行われないことが多いです。
法律で決められている割合が絶対的ならば、トラブルも回避していくことができるのですが、相続はそんなに簡単なものではないのです。

被相続人の死亡届を出して、親族の間で会議をしていかなければなりません。
テレビドラマや映画でも、よくあるシーンですよね。
相続は、プラスの財産だけと決まっているわけではありません。
マイナスもあるので、計算しましょう。

Copyright (C) 財産を受け継ぐ方法 All Rights Reserved.