お嫁さんは相続人にはなれない?

相続人は身内のすべてがなれるわけではありません。
嫁に来た身としても、相続人になれないのです。
それを理解しておかなければ、いざという時相続を受け取れなくて辛い思いをしなければならない場合もあります。
財産のある家では、相続についての理解を深めておく必要があるでしょう。

お嫁さんは相続人になれません。
お嫁さんなので相続人になれると考えている人も多いですが、法律的にはそうではないので気をつけておく必要があります。
お嫁さんにきたのですから、姓は変わりますし戸籍も変わります。
それなのに、相続人にはなれないのです。

義理の親の面倒を長年みていたとしても、義理の親とすごく仲が良かったとしても、相続人にはなれないのです。
義理の親の介護をしていて、毎日を義理の親にささげていたとしても、子供たちが相続人になります。
一度も顔を見せなかったような親戚が相続人になってしまい、自分が相続人になれないなんてお嫁さんとしては本当に悔しい気持ちを味わうことになるのではないでしょうか。
どれだけ義理の親と仲良くしていたとしても、血の繋がりがあるように信頼関係を築いていたとしても、実際に血の繋がりがないのですから本当の親子関係にはなりません。

本当の親子関係にはならないので、子供の配偶者であるを嫁さんは相続人になることができないのです。
どれだけ義理の両親と仲が良くてもお嫁さんは相続人になることができないのですから、お嫁さんである立場の女性はそれを理解して置いて、そして対処しておく必要があるのではないでしょうか。
ずっと義理の両親の世話をしているのであれば、なおさら相続人としての権利がありますよね。

義理の両親も、お嫁さんを相続人にしたいと考えることは多いです。
対処することで、お嫁さんだったとしても、相続人になれる可能性はあります。
しかし、現状をそのまま放置しておくとお嫁さんの場合相続人にはなれないのですから、あらかじめ手を打っておく必要があるでしょう。

Copyright (C) 財産を受け継ぐ方法 All Rights Reserved.