未成年の相続人の場合、法廷代理人には誰がなれる?

未成年の相続人の場合は、法定代理人になるのは誰なのでしょうか。
未成年が相続人になってしまったような場合、法定代理人が必要となるのです。
未成年なので、責任がないと考えられていますし法律的にきちんとした判断を下すことができないかもしれないと思われているからです。
未成年が効率的な判断を下さなければならないような場合、法定代理人は親や後見人がなれます。

しかし必ずしも、親が法定代理人になれることばかりではないのです。
どうして本当の親なのに、遺産相続の場合法定代理人になれないのでしょうか。
父親が、或いは母親が未成年の子供の法定代理人になってしまったような場合、遺産相続は両親の思惑のまま進んでしまうことになります。
子供の意志ではなく、両親の意志で進んでしまうことにより両親の利益になるような形で進むと考えられます。
それでは法定代理人の意味がなくなってしまうのです。

ですので、父親や母親は遺産相続の場合法定代理人になることができずに、相続に関係のない人が法定代理人になることになります。
相続に関係のない人ならば、自分の都合の良いように物事を進めることはありませんし、法律的に正しい判断を出していくことができます。
相続トラブルに巻き込まれてしまうと、精神的にも大変つらい思いをしなければなりません。
積極的に戦う人もいれば、大きなダメージを受けてしまう人もいるのです。
未成年が相続人になってしまったような場合、心に大きな闇を抱えてしまうこともあるのではないでしょうか。

未成年と言えば人生の中でも一番多感な時期ですよね。
そんな時に相続トラブルに巻き込まれてしまい、親族間の醜い争いを見てしまったならば大変ショックを受けてしまうはずです。
子供たちを醜い争いに巻き込んで傷付けない為にも、相続トラブルはできるだけ回避するように努力しましょう。
相続トラブルを回避することにより、傷つく人をなくしていくことができるのです。

Copyright (C) 財産を受け継ぐ方法 All Rights Reserved.