相続を放棄する場合

相続を放棄することもできます。
相続を放棄する場合には、家庭裁判所に申請しなければなりません。
相続を放棄したいと考えるのであれば、相続できるとわかってから3ヶ月以内にしていかなければなりません。
それ以上時間がたってしまうと相続放棄できなくなってしまうこともあるので、注意しておくようにしましょう。
相続放棄は家庭裁判所に相続放申述書を提出することから始まります。
家庭裁判所で許可された場合、相続放棄が可能になります。

相続放棄は相続人何人が行うとしても、それぞれ個別に行っていかなければなりません。
まとめて行うことはできないので、一人一人が相続申述書を提出するようにしましょう。
家庭裁判所では、相続の放棄が他の人から無理やりやらされているものではないか、強制的に相続放棄させられていないか確認する必要があります。
大丈夫だと判断された場合のみ、相続放棄することが可能です。
相続放棄は、一度許可されると取り消すことができません。

ですので相続放棄する時には、本当にそれで良いのかしっかりと何度も確認する必要があるでしょう。
相続放棄は、特別な理由がある場合は取り消すことができますが、普通は取り消すことができないのでそのように理解しておきましょう。
相続は必ずしもプラスになるものばかりというわけではありません。
相続を受け取ることにより、借金などの債務者になってしまうこともあるのです。

相続財産で魅力的なものが沢山あったとしても、借金や負債が多い場合には、プラスマイナスしてマイナスの方が多くなってしまうようなこともあるのです。
マイナスばかりになってしまうような場合には、それを背負っていくのは嫌ですよね。
そんな時に、相続放棄することが可能なのです。
一度相続放棄してしまうとなかなか取り消すことはできません。
特別な理由がある場合だけ取り消せますが、普通は取り消すことができないので、相続放棄する時には相続財産の計算をしっかりとする必要があります。

Copyright (C) 財産を受け継ぐ方法 All Rights Reserved.