銀行預金が封鎖される!

被相続人の預金は、遺産になります。
ですので、相続の対象になります。
被相続人の預金の存在を知らずに税務調査により予算の存在を知るような相続人も多いということです。
突然なくなってしまったような場合、本人にも準備がなく遺産についての意志表示がどこにもないようなことがあります。
そのような場合は、思わぬところから遺産が出てくるようなこともあるのです。

被相続人の預金は遺産になるので、相続人がもらえることになります。
相続人が何人かいるような場合は、分割しなければなりません。
相続人の誰かが勝手に引き出して自分だけで使うようなことは許されませんし、そのような事態が起こらないようになっています。
というのも、銀行預金は封鎖されるのです。

銀行預金が封鎖されることにより、相続人の誰かが勝手にお金を出して自分だけのものにするような事がなくなります。
銀行預金が封鎖されると、お金をおろすことができなくなってしまいますが、相続人全員が預金を引き出すことができます。
預金を相続するとなると、相続税の問題も発生して来ます。
預金によっては相続税を支払う必要のある場合もあり、簡単に預金をおろすことができなくなってしまいます。
銀行預金封鎖されることにより、勝手に預金を引きおろして相続税をごまかすようなこともできないのです。
相続することにより、相続税を支払っていく義務が相続人には出てきます。

せっかく相続して財産を得たのに、相続税を支払わなければならないなんてもったいないと感じる人もいるかもしれません。
しかし相続税は日本国民の義務ですし、法律で定められていることなので従っていく必要があります。
相続する財産が少ないような場合に、経済的価値が少ないような場合には相続税が発生しないこともあるので、必ずしも誰もが相続税を支払わなければならないと言うわけではありません。
相続するのであれば、相続税についても勉強しておく必要があるのではないでしょうか。
必要な知識です。

Copyright (C) 財産を受け継ぐ方法 All Rights Reserved.